地球温暖化対策への取組み

テレサ協の低炭素社会実行計画について

2017.02.09

このたび、低炭素社会の実現に向けた組みとして「低炭素社会実行計画」を策定いたしました。

  参考経団連低炭素社会実行計画(外部サイト)

テレサ協の環境自主行動計画に係る 数値目標の設定

2010.04.09

「環境自主行動計画(平成15年6月11日 総会決議)」中、「1省エネルギー対策(2)オフィスの電力、ガスなどのエネルギー資源について、利用の節減を図る。」について、協会としての、節減の具体的な数値目標。

1 電力使用量(売上高原単位)について、2008年~2012年の5年間平均値において、基準年(2006年:平成18年)の水準から1%削減することを目標とする。※売り上げに対する電力消費量で、「該当年度の電力使用量/該当年度の売上高」で算出。
2 会員会社は、目標達成に向けて最大限の取組みを行うよう努めるものとする。
3 各年度、目標達成度合いを把握することとする。

Ⅰ 取組みの背景

〇平成10年5月  「情報通信を活用した地球環境問題への対応」(環境省)を情報通信審議会が答申
 電気通信事業分野におけるフォローアップを実施の旨。
〇平成14年3月  政府の「地球温暖化対策推進大綱」(環境省)策定
 「気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書」の数値目標(平成20年~24年の間)を達成の旨。
〇平成15年6月  テレサ協通常総会で決議
 協会全体での取組みの旨。

Ⅱ 2009年度の取組み

① 環境自主行動計画に関する調査について (2009.11)総務省から依頼
「自主行動計画の推進・強化」における各業種の進捗状況
②環境自主行動計画に関する調査について (2009.12)報告
③「環境自主行動計画」フォローアップに関するアンケート調査(2009.11)総務省から依頼
 会員企業における「環境自主行動計画」及びその取組
④テレサ協から団体としてのアンケート (2009.12)報告
 総務省へ提出した調査結果

2008年度の取組み

①テレサ協における地球温暖化対策の取組み (2008.06)
 情報通信審議会資料として総務省へ提出
②京都議定書目標達成計画の進捗状況について (2008.06)
 情報通信審議会総会(第19回)にて総務省担当から報告
③環境自主行動計画係る調査について (2008.09)
 平成19年度売上高・電力消費量の調査
④環境自主行動計画に関する調査について (2008.10)
 情報通信審議会資料として総務省からの調査依頼
⑤ 京都議定書目標達成計画の進捗状況について (2008.12)
 中央環境審議会地球環境部会・産業構造審議会環境部会地球環境小委員会合同会合(第32回)にて総務省担当から報告済
⑥環境自主行動計画の策定状況に係る調査 (2009.03)



Telesa について


ページトップへ戻る