「関東ネットビジネス21研究会 平成28年度レポート ~10年後のICTを利用した生活は?~」

ICT技術、特にAIは目覚しい発展を遂げています。
一方で、「2045年に予想されているシンギュラリティ」や「人間の仕事が無くなる」等の議論も耳にします。
研究会では「10年後のICTを利用した生活は?」をテーマとし、身近な10年後に思いを馳せて、その「萌芽」となりえる技術やサービスを調査し、10年後の生活でICTがどのように貢献するかを、下記の3分野の担当チームに分かれて調査/検討しました。

-働き方
-健康医療
-レジャー

この報告書を、会員企業の中長期の事業計画立案や、そのベースとなるビジネスの将来像の俯瞰などに役立てていただけることを期待します。

10年後のICTを利用した生活は?(エグゼクティブ・サマリー)pdf

10年後のICTを利用した生活は?pdf

なお、公開はPDFですが、素材の利用をご希望の方は事務局までご連絡ください。
PPTバージョンでお送りします。

関東ネットビジネス21研究会
事務局 清水一洋(トランスコスモス)
kanto@telesa.or.jp



ネットビジネス21研究会


ページトップへ戻る