「IoTテストベッド事業及び地域データセンター事業」及び
「IoTサービス創出支援事業」の公募について

平成28年 9月 12日
(一社)テレコムサービス協会
事務局

総務省から、以下の事業についての応募の要請がありましたので、お知らせいたします。

1.IoTテストベッド事業及び地域データセンター事業に対する支援の公募開始について
 本年4月20日に成立した「国立研究開発法人情報通信研究機構法及び特定通信・放送開発実施円滑化法の一部を改正する等の法律」により、IoTの実現に資する新たな電気通信技術の開発・実証のための「テストベッド」の整備及び首都圏以外の地域における「データセンター」の整備等に対する支援事業(助成金交付等)がNICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)により行われることとなりました。
9月9日(金)、その支援案件の公募が開始されました(期限:10月19日(水))。

詳細については、以下のURLをご参照ください。
※ 総務省報道発表
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000145.html
※ NICT報道発表
http://www.nict.go.jp/press/2016/09/09-1.html

本件について、テストベッド関係は総務省情報流通行政局情報流通振興課(長坂課長補佐、中西主査、本村官)、データセンター関係は総務省総合通信基盤局電気通信事業部データ通信課(赤川課長補佐、吉田係長、近藤官)が担当になります。
なお、データセンターについては、首都圏以外地域でバックアップを行うための設備投資に対する税制支援もございます。こちらも併せてご検討いただけますと幸いです。

※データセンターの地域分散化の促進
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/datacenter/

2.「IoTサービス創出支援事業」(身近なIoTプロジェクト)について
 当該事業は、平成27年度補正予算(予算額2.9億円)を活用して本年7月から実施中ですが、新たに平成28年度補正予算で7.0億円、平成29年度当初予算で13.3億円を要求しております。平成28年度補正予算については、秋の臨時国会で成立した場合には、10月中旬頃に公募を開始したいと考えております。こちらについては、本事業専用のHPを開設しておりますので、公募開始に向けてあらかじめご検討をいただければ幸いに存じます。

※ 「身近なIoTプロジェクト」HP
http://www.midika-iot.jp/

なお、本件は、総務省情報流通行政局情報流通振興課(長坂補佐、中西主査、本村官)が担当になります。



お知らせ


ページトップへ戻る