会長からのご挨拶


会長 北岡 隆之
(株式会社インテック)

 ICT関連企業が幅広く集まるテレコムサービス協会は、日々、技術革新が進行する情報通信産業において、競争市場の健全な発展を図り、事業全体の成長に寄与することを目的とした団体であり、ICT産業の発展を推進するために、大きな役割を担っていると考えております。協会では、こうした役割、使命に対応したICTに関する情報収集、調査研究、意見提言等の活動に加え、ICTを利活用した地域のビジネス創出の支援への取組みを通じ、地域の活性化に資する活動を行っております。
 近年、第5世代移動通信システム(5G)をはじめとするデジタル基盤やIoT、ビッグデータ、AIといったデジタル技術等、ICTの飛躍的な発展により、ICTを活用したソリューションも急速に実用化されており、グローバル化、ボーダレス化も相まって、ICTは、国民生活や経済活動の維持に必要不可欠な技術として、その重要性が増してきています。
 中でも、令和時代における基盤として考えられている5Gについては、2020年3月、我が国において商用サービスが開始されました。5Gは超高速・大容量に加えて、超低遅延及び多数同時接続といった特徴的機能を備えていることにより、更なる情報通信の基盤としての活用が見込まれています。
 5Gの登場によって、移動通信システムは生活基盤から産業・社会基盤へとさらなる進化を果たし、経済成長や少子高齢化、エネルギー、環境、地方の過疎などの社会課題の解決に貢献することが期待されています。
 また、2030年代には期待される社会像として、Inclusive(包摂性)、Sustainable(持続可能性)及びDependable(高信頼性)から成る強靭で活力のある社会の実現、Beyond5G(5Gの次の世代の移動通信システム)を中心とした情報通信ネットワーク基盤の上にサイバー空間と現実世界(フィジカル空間)が一体化するサイバー・フィジカル・システム(CPS)が実現され、そこから生成される大量データを最大限活用することにより、様々な社会的課題の解決と経済成長を両立する「Society5.0」の実現が期待されています。
 私共の業界におきましても、MVNOやFVNOの市場が大きく変化してきています。MVNO市場においては、公正な競争環境整備を確保するため、事業者に対して、分かりやすく、納得感のある料金・サービスの実現、事業者間の公正な競争の促進及び事業者間の乗換えの円滑化といった不断の取組みを行うことが期待されています。また、FVNO市場においては、電気通信市場における競争を促進し、サービスの多様化、料金の低廉化等の促進が期待されています。安全・安心な通信環境はもとより、消費者に対するきめ細かな対応も従来に増して求められてきております。当協会のビジョンの一つでもあります「安全・安心なネットワーク社会の実現」に向けて、委員会活動を通して取組むほか、関係団体とも協力して、利用者が安全・安心にICTを利活用できる環境整備に努めて参ります。
 今後、さらなるICT分野の変革に迅速に対応して、ICT産業の成長と国民生活向上に、しっかりと貢献できるよう協会一丸となって取組んで参りますので、これまで以上のご指導・ご鞭撻をお願い申し上げます。



Telesa について


ページトップへ戻る